予防は手軽にできる

男性

原因と対策

人は誰でも、40歳頃になると近くの文字が見えにくくなってきます。近くにピントがあいづらい、長時間目を使っていると疲れるといった症状全般を老眼と呼びます。早い人では30代頃から、遅くても50代頃から発症するとされており、早かれ遅かれすべての人に発症するものだといわれています。老眼の原因は、目の調節機能が衰えることによるものです。目はピントを合わせるとき、毛様体筋という筋肉を使ってレンズを厚くしたり薄くしたりしてピントを合わせています。ところが身体が老化してくるとこの毛様体筋も衰えてきて、上手にピントを合わせられなくなります。さらにレンズ自体の弾力も失われてくるため、毛様体筋が健在でもピントが合いにくくなってしまいます。また近年ではスマホ老眼といって、スマホの使いすぎによる老眼も発生しています。スマホ老眼では20代といった非常に若い年代でも発症することがあり、主な原因はスマホの使いすぎによる目の疲れです。多くの場合一時的なものですが、常態化すると実際に老眼が早まることもあります。誰にでも起こる症状ではあるのですが、目によい活動をすることである程度予防したり発症を遅くしたりすることは可能です。予防としては、毛様体筋を鍛えるストレッチや、目の疲れを軽減するマッサージなどがあります。近くを見続けたら遠くを適宜見るというようにバランスよく使うのも予防となります。また目によい栄養素をとるのも予防の一種といえるでしょう。

Copyright© 2018 老眼の予防方法を調べる【体全部の健康を意識する】 All Rights Reserved.